乳酸菌の種類の詳細

私たちの腸の中には一人につき数百種類を超える細菌が、100兆個以上存在しています。
これらの細菌を分類すると善玉菌と悪玉菌、日和見菌に分類されます。
乳酸菌は善玉菌の代表格です。
様々な製薬会社や食品メーカー、医療機関が研究を進めている分野が乳酸菌。
実に様々な種類が発見され、それぞれの働きに特長があります。

・ビフィズス菌
ヨーグルトはもちろん胃腸薬にもこの成分が配合されていることが多いです。
糖を食べることで酢酸・乳酸・プロピオン酸といった短鎖脂肪酸を作り出します。
酸素を嫌う性質があるため、酸素が存在しない大腸あたりに生息。増えると便通が良くなります。

・コッカス菌
人間の消化管で元々生息していて、悪玉菌の分解などの働きをします。
腸の中で長く生息できるタフさがあり、健康効果を発揮しやすい乳酸菌です。
コレステロール値の低下や血液サラサラ効果などが挙げられます。

・クレモリス菌
近年流行したカスピ海ヨーグルトに含まれていることでおなじみ。
乳酸を作りだし、免疫力の向上やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を軽減する効果が期待されています。

・ラクティス乳酸菌
大豆から抽出される植物性で、腸内に元々生息している乳酸菌を増やす役割を担っています。
胆汁や胃液に強く、死滅せずに確実に腸に届きます。

・ナノ型乳酸菌
現在は研究段階にある菌。殺菌乳酸菌ともいわれ、外部から侵入する病原菌に対して強い力を発揮。
長寿の方が多い長野県の「すんき漬」にはナノ型乳酸菌が含まれているようです。

・BB536
世界で初めてヨーグルトになったビフィズス菌と言われています。
酸に強いため生きて腸に届き、酢酸や乳酸を生みだして消化の活動を活発にすることから、お通じの改善ではおなじみの菌です。

・テトラジェノコツカス・ハロフイルス
塩に強い菌で味噌に多く含まれています。発酵すると独特の風味がして、脂肪酸エチルを生成。
癌を引き起こす原因に対して抑制する力があると言われています。

少し抽出しただけでも本当にたくさんの種類がある乳酸菌。 そのパワーを研究している途中のものもあり、今後ますます結果に目が離せなくなります!
また、http://www.takebackthenews.org/syurui.htmlのサイトにも詳しく書いてあるので、ご覧ください。