植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

腸内環境を正常にして、日ごろのお通じだけでなくアレルギー対策もしたい!という方は、毎日様々な形で乳酸菌を取り入れることを推奨します。
「乳」の漢字が入っているため、ヨーグルトやチーズと言った動物の乳に由来しているものと思いがちですが、実は植物性と動物性、それぞれあるんです!
植物性ってどこに存在しているのかというと、豆・麦・米・野菜など植物に由来するすべてで生息できるそうです。
ブドウ糖やショ糖、麦芽糖、果糖と関連し、栄養が豊富な野菜でなく、バランスが悪い所でも生息できる強い菌なのです。

関連している糖が意外と重要で、動物性乳酸菌の場合は動物の乳に含まれる乳糖をエサにして増えますが、植物性の場合は様々な糖をエサにできます。
また他の微生物と共存することもできて、食塩が高濃度でも丈夫に生きられるんです。
日本に暮らす私たちは、味噌や漬物といった発酵食品を当たり前のように食べますので、植物性乳酸菌を知らず知らずの内に摂っているんですよ!

日本特有の「ぬか漬け」も植物性乳酸菌がたっぷりです。
ぬか床は乳酸菌と酵母のバランスが良いため、栄養が野菜に染み渡ります。
酸味もほんのりと香るアルコールのにおいも乳酸菌が生み出しているんです。

昔は自宅でぬか漬けがあるのは当たり前でしたが、現代は手軽にお漬物を買えることから少なくなりました。
でも、自家製には市販品には無い美味しさがありますし、安心安全な食べ物を食卓に並べることができます。
一度トライしてみましょう、きっとハマりますよ!

ちなみに、日本だけでなく海外でも植物性乳酸菌を含む食べ物があります。
代表的なものが韓国の伝統食「キムチ」です。乳酸菌が発酵
することで酸味が増します。
賞味期限が近づいてくると酸っぱく感じませんか?発酵が進んでいる証拠です。
風味が損なわれる前に美味しく頂きましょう。

さらにドイツのソーセージと一緒に食べると美味しい「ザワークラウト」にも豊富。
煮込んだり火を通して使うことも多いが、便秘解消のためには非加熱でどうぞ。
このほか、フィリピンの米蒸パン「プト」、中国の「ザーサイ」、インドの野菜や果物を煮込んで作るソース「チャツネ」、ネパールの無塩漬物「グンドラック」、インドネシアの豆発酵食品「テンペ」などが植物性乳酸菌の食材です。
お料理のバリエーションが増えますね!
また、乳酸菌のサプリメントは手軽るに摂取が出来ておすすめです。