乳酸菌の生産物質

腸内で良い働きをする乳酸菌やビフィズス菌などは、効用が良く知られていますが、有益な菌から分泌される「乳酸菌生産物質」はご存じですか?
今、多くの医療機関や研究機関でも注目を集めている物質で、研究や臨床に使われて様々な効果を検証しているようです。
乳酸菌そのものではなく、作り出される物質にどのような効果があるのか興味がわいてきますね!

・糖尿病の回復を促進
中国の病院で100名の糖尿病患者を対象に行われた臨床試験によると、生産物質を8週間から16週間にわたり摂取した患者の約25%に顕著な改善が見られ、60%以上の患者に有効だと判明したそうです。血糖値の平均値が顕著に低下していたとのこと!

・抗がん作用
乳酸菌生産物質に含まれている核酸を日常的に摂取することで、がん細胞などの弱った細胞を新鮮な細胞に入れ替えて、免疫力を向上させる効果が期待できるようです。
腸内の悪玉菌を減らすことで、毒性の物質が抑えられて腸からの吸収が減ります。そのため、血液の浄化が促進され、新鮮な血液を体中に運ぶことができます。

・アトピー性皮膚炎改善
アトピーや花粉症といったアレルギーの症状は、免疫機能が過剰に反応することで起こされます。
生産物質を摂取し続けることによって体がもつ免疫機能を向上でき、過剰に反応しないよう、バランスを取り腸内の菌バランスを整えます。
これにより、アトピーをはじめとしたアレルギー症状が軽くなると言われています。
また、アトピー性皮膚炎患者に多い低体温の悩みも、改善できます
これは腸内が正常に働き自律神経がきちんと働くために体温の調整が上手くいくからです。

長年悩んでいたことについて、体に安全な乳酸菌生産物質を用いて改善していけるのはうれしいことですよね。
上記以外にも
・コレステロール値の低下を促進
・肝機能障害の回復を促進
・老化抑制
に役立つと言われていて、製薬会社や病院で医療に使えるように様々な研究が進んでいる段階です。
あまり知られていない乳酸菌の種類と効果についても興味深いです。