乳酸菌が欠かせない年齢層

近年、発酵食品が改めて見直されています。
発酵食品には乳酸菌も含まれています。
味噌や甘酒、漬物、ヨーグルト、チーズなど、和食洋食どちらにも応用が利くので、家庭でも料理に使いやすいです。
しかし、食事に関して高い意識を持って健康的な食生活を送ることって、案外時間がかかかって難しいですよね。
実は今、子ども・社会人・高齢者、どの年代もそれぞれの原因で乳酸菌が足りていないと言われています。

・子どもの場合
中学生を対象にしたある調査によると、朝食を食べない生徒が2割に達していました
インターネットを見るなどして夜更かしのために就寝時間が遅くなり、朝食の時間が不規則になるパターンや、親が忙しく朝食を準備してもらえないなどの原因があるようです。
朝食だけでなく、全般的に一人で食べる孤食や外食が多い家庭が増えていることも原因の一つだそうです。
そのため、母親手作りの健康的な食事が満足に食べられず、乳酸菌はもちろん体の発育に必要な栄養素が十分に摂れない現状にあります。

・社会人の場合
現役世代の人は、なによりも忙しさのあまり食生活に気を遣えないという理由がありますが、とくに独身の男性です。
コンビニやファストフードの持ち帰り食が一日3食という人も珍しくないほど!
野菜も食べていると言っても、栄養素が流れてしまった加工食品では健康的な食生活には程遠いです。
ただでさえ、ストレスに悩まされやすいので、通勤電車内で腹痛に襲われるなどの過敏性腸症候群、過度の便秘など、日ごろから腸の不調には気が付いているものの対策ができていない傾向にあります。

・高齢者の場合
和食で育った世代ではあるものの、最近は食の嗜好の変化により外食を好む高齢者も増えてきました。
一人暮らしの場合、自分の分を作るのが億劫になり、惣菜などを買う人も多いです。
腸の機能が加齢によって低下し、軟便、便秘などの症状を慢性的に抱える人も。

このように、原因は様々ですが、乳酸菌を含む食生活を満足に送れていない人がどの年代にもいます。
それぞれの方法で乳酸菌不足を解消していくべきです。
たとえば子どもの場合、乳酸菌飲料やヨーグルトをおやつにすると喜んで食べてくれます。
忙しい社会人は、飲み会のときなど、ナチュラルチーズやキムチなどの乳酸菌を含むおつまみをオーダーするのも良いのでは?
高齢者の場合は、腸に優しいヨーグルトがおすすめ。配達してくれるネットスーパーや、宅配専用の乳酸菌飲料などを利用すると良いですね!
人気の乳酸菌のサプリメントについても参考にご覧ください。