乳酸菌と発酵乳

健康づくり・美容のために続けて食べている食品はありますか?
野菜や魚、肉、ごはんなど、素材の栄養をバランス良く、適切な量を食べることはもちろんですが、加工した食品にも健康的な食生活に欠かせない栄養があります。
その中でも発酵乳は、日頃の食生活にぜひ取り入れてほしい食品です。

発酵乳とはヨーグルトや飲むヨーグルトなどのことを指します。
法律上の定義である発酵乳は、ある一定以上の無脂乳固形分を含む乳を、乳酸菌や酵母で発酵させ、糊状や液状、凍結したものです。
ちなみにここに出てくる無脂乳固形分は、牛乳から水分と脂肪分を取り除いた後に残る成分のことで、栄養価が高いタンパク質、乳糖、ミネラルなどが残っています。

無脂乳固形分の量と、乳酸菌・酵母数の量によって、発酵乳の分類がされます。

乳酸菌飲料…無脂乳固形分が3%未満で乳酸菌・酵母数が100万以上のもの。

乳製品乳酸菌飲料…無脂乳固形分が3%以上のもの。そのうち乳酸菌・酵母数が1000万以上だと生きたまま菌が存在している生菌と分類されます。

発酵乳…無脂乳固形分が8%以上あり、乳酸菌・酵母数が1000万以上のもの。

この分類からわかるように、発酵乳は栄養価高く、乳酸菌の量も多く含まれています。
乳酸が発酵することで、私たちの体にとって有益な成分が働き、バイオジェニックスを生み出します。
市販されているある乳酸菌飲料はバイオジェニックスにより、血管内皮機能を改善したり血圧を下げる作用が認められ、結果として動脈硬化の予防にも期待できます

また、細菌やウイルスを弱らせて体の外へ排出するために免疫機能を活発化させる免疫賦活作用、睡眠の質の向上、肝臓への負担を減らす作用、美白や保湿など肌機能向作用も認められています。
このように飲料などを日頃から摂ることにより、私たちの健康や美容を支えてくれます。
美味しくて健康にも良いとなれば、続けることも苦になりませんね!
美味しさと健康を兼ね備えて対応する事をお勧めします。
また、乳酸菌の体験談も参考になるかと思います。