母乳に含まれる乳酸菌メカニズム

お母さんの体内で育った赤ちゃん。出生時、最初の最近を腸に受け取ります。
受け取る量や内容は、自然分娩であるのか帝王切開なのか、また赤ちゃんを取り巻く周囲の衛生環境によって異なります。
通常お母さんの腸内から産道を通って受け取るのですが、帝王切開の場合は普通分娩の赤ちゃんに比べると、ビフィズス菌や乳酸菌が発達が遅いため、呼吸器をはじめとした感染症にかかりやすいと言われています。

しかし、大事なのは出産方法よりも生まれた後、どのように栄養を摂るのかが重要です。
母乳育児であれば、お母さんからビフィズス菌や乳酸菌など体を守る有益な菌が伝搬されます。
また、母乳にはオリゴ糖も含まれているので、赤ちゃんの腸の中で乳酸菌がオリゴ糖をエサにして、より多く善玉菌を育みます。
お母さんが積極的に乳酸菌を増やす食生活を送ることも重要です。
母体自身の免疫力が上がることで、母乳を飲む赤ちゃんの免疫機能を高めることができます。
これは妊娠中から出産後、ずっと続けて習慣にすると良いでしょう。

ただ、お母さんの体調によっては母乳で育てることが難しい場合もあります。
その場合は粉ミルクなどの人工乳に頼ることとなりますが、最近では母乳に近い成分配合の優れたミルクがたくさん販売されています。
タンパク質、必須脂肪酸、ドコサヘキサエン酸、糖質、ミネラルなどを母乳の値に近いバランスで開発されていて、赤ちゃんの体、脳、臓器の発達に不可欠な栄養素を欠かすことなく含んでいて安心です。

今の時代は完全に母乳の育児だけがOK!ではなく、お母さんの体調に合わせて無理なくミルクを取り入れることが推奨されていますので、乳酸菌をはじめとした、「赤ちゃんに摂らせたい栄養」をミルクで補うのもいいのではないでしょうか?
赤ちゃんの頃から乳酸菌を与えることを習慣にしていれば、子供が大人と同じ食事内容を食べる頃になっても、自然と乳酸菌をたくさん摂ることができる献立を考えるようになります。
どんな出産方法だったかや、母乳かミルクかに関わらず、「子供の免疫力を高められるのは私次第だ」と自覚するようになれば、立派なお母さんです。
子供と家族の健康を守れるように、乳酸菌に対する知識を深めてくださいね!