乳酸菌とビフィズス菌

腸の動きをスムーズにする、私たちの体にとって有益な「菌」と言えば?
乳酸菌、ビフィズス菌、どちらも意見が多く上がりそうなほど、一般によく知られている菌ですよね。
具体的にこれらの違いをご存じでしょうか。
菌の違いと、それぞれの働きを知っておくと、自分にもっとも必要な菌がよく分かりますよ!

・善玉菌の分類
まず、腸の中に存在している良い働きをする菌の総称を「善玉菌」と呼びます。
乳酸菌もビフィズス菌もどちらも善玉菌の一種です。

・乳酸菌の分類
さらに、乳酸菌の中にある一つの種類としてビフィズス菌が分類されているのです。
このように乳酸菌とは一つの菌ではなく、ビフィズス菌をはじめとした様々な菌の総称なのです。
生物学上の名称ではラクトバチルスなどと呼ばれ、乳酸を生み出す細菌です。
乳酸菌の中には有名なブルガリア菌、ガセリ菌、カゼイ菌などがあります。

ブルガリア菌…アミノ酸などを生産する
ガセリ菌…人の腸に常在している乳酸菌の代表格
カゼイ菌…主に小腸で増殖する

・ビフィズス菌の分類
ビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸も生産し、生物学上ではビフィドバクテリウムと呼ばれます。
あまり聞きなれませんがビフィズス菌の中にビフィダム菌、ロングム菌、ブレーベ菌、アドレスセンティス菌などがあります。

ビフィダム菌…ビフィズス菌の中では世界で初めて発見された種類
ロングム菌…大腸まで届き、悪玉菌より優勢になるよう善玉菌を増やす働き
ブレーベ菌…乳児のときに腸内に存在する
アドレスセンティス菌…健康な腸に存在し、ビタミンを合成する働き

このように、それぞれの菌で名称はもちろん働きが異なります。
乳酸菌のサプリメント飲料、ヨーグルトなどがたくさん販売されている背景に、
解明されているだけでたくさんの善玉菌があるため、それぞれの特性にあった商品を開発することができるからです。
今自分にはどんな菌が必要で、足りていないものかが分かれば、最善の乳酸菌商品を選ぶことができますよ!