乳酸菌の働き方の仕組み

ヨーグルトやナチュラルチーズ、味噌などの食品から取り入れることができる「乳酸菌」。
腸に良いとは知っている人は多いと思いますが、具体的にはなぜ腸に良いのでしょうか。
働きの仕組みについてご紹介します。

生きたまま腸に届いた乳酸菌は様々な有機酸を生成します。
これにより、アンモニアといったガスや有害物質を生み出す悪玉菌が増えないように抑制され、腸内で腐敗が起こるのを防いだり、腸内の菌のバランスを正常に整えます。
乳酸菌によって、もともと存在していた善玉菌がパワーを取り戻すというのも大きなポイントです。
それぞれの働きがあるにも関わらず、悪玉菌に押されて働かけなかった菌たちが、自らウイルスなどと戦うようになります。
乳酸菌そのものが働くというより、「働く菌を元気にする」というイメージでしょうか。

また、口から取り入れても胃酸などにより死滅してしまう乳酸菌もあります。
「腸に生きたまま届く」ことだけが重要ではなく、実は死滅してもパワーがあるのです。
死滅した菌の死骸が腸に届くと、かろうじて生きて届いた乳酸菌が退治した悪玉菌を吸着して、外へ排出する働きをします。

サプリメントの口コミなどで、「この乳酸菌じゃ、生きて腸まで行かずに死滅するから意味が無い」との書き込みもまれにみられますが誤りです。
死滅する乳酸菌にも働く仕組みがあるので消して無駄ではありません。
そもそも、無駄な菌などは善玉菌にはありません。
人類誕生のあと、腸内の細菌は排除されずに生存を続けています。
これは腸内の良い細菌が人間の健康を維持することに大きな役割があるということです。

食生活やライフスタイルの変化や、野菜類の栄養価が下がってきたことから、昔に比べるとナチュラルで健康的な食事を毎日摂り、体へ栄養を送ることが難しくなってきました。
しかし現代にはそれを補うためのサプリメントや加工食品があり、医療の分野でも活用されています。
善玉菌の中でも代表格である乳酸菌は、どんな人にとっても重要で、欠かすことができない存在です。
自分なりの摂取の仕方で構いませんので、日ごろから取り入れるようにしましょう